自分のためのリラクゼーションを楽しむ

アパレル店員は世間でも結構な人気のある職業。しかし、思っているより大変なお仕事だと耳にします。そんなこともなんのそので頑張っている友人、玉置実花について紹介しましょう。

 

アパレル店員は大変
友人の玉置実花はアパレル店員。毎日張り切って頑張っているようです。彼女のことに触れる前にアパレル店員について簡単に紹介しておきましょう。
アパレル店員は女性に人気の職業で、特に若い女性からの支持は絶大です。ファッションを取り扱い、オシャレな洋服に囲まれながらの仕事は憧れるもの。
しかし、良い面ばかりではありません。どの仕事でもそうであるように、大変なことがたくさんあります。
例えば、アパレル店員は基本的に立ち仕事です。一日中立っている必要があり、足腰への負担がとても大きくなります。「足のむくみ」などの原因にもなりますので、女性にとっては辛いものとなるでしょう。
玉置実花が言っていましたが、足のむくみによってパンツのラインが綺麗に出ず、上層部から注意されたことがある人もいるようです。
理不尽な内容に伝わるかもしれませんが、洋服を取り扱う以上は仕方のないこと。身体のケアにも気をつけなければならない大変さがあります。

 

また、客商売になりますので、人間関係に悩まされることもあるでしょう。体調の優れないとき、嫌なことがあったとき、それでも「笑顔」でお客さまと接しなければなりません。
このようにアパレル店員は世間のイメージよりずっと大変なものです。玉置実花がその世界で本当にやっていけるのか、友人としてたまに心配に思っていました。

 

生粋の人懐っこさ
心配が抑えきれなくなった私は彼女の職場にお忍びで行ってみたことがあります。そこで見た光景はおそらくずっと忘れることはありません。とても感動したことを覚えています。
彼女とは休日になると頻繁に出かけるほどの仲なので、仕事の話もよく聞いていました。
そこでは先述したような「立ち仕事」、「客商売」などの辛さからくる愚痴が多く、同情するほどの内容ばかり。そこまで言うのならば、勤務中は本当に辛い顔をしているだろうなと勝手に思っていました。
しかし、実際はその真逆。嘘みたいな笑顔と活気のある声でお客さんと接していたのです。私の心配はなんだったのかというほどに、想像以上の働きぶりでした。
私はアパレルとは無縁の仕事をしていますが、むしろ、自分の勤務態度を見直さなければならないのではないかと反省しました。

 

思えば、彼女には生粋の人懐っこさがあります。明るい性格で、誰とでも仲良くなれるような力を持っています。コミュニケーション能力が大事なアパレル店員で彼女が活躍しないはずがなかったのです。
よく考えれば分かったことなのに、勝手な心配をしたことをいつか謝りたいと思います。
安心した私は彼女にアパレル店員の良い面を聞いてみることにしました。そこで、彼女の知られざる夢を知ることになります。

 

大きな夢
彼女の夢とは自分のブランドを出すこと。アパレル店員として働き出したのも、その夢を叶えるためだったようです。私はその話を聞くまではそんな夢を持っているとは全く知りませんでした。
どうやら、小さい頃からの夢だそうです。歳を重ねるにつれ、思いはどんどんと強くなり、今その一歩を踏み出しているということ。
彼女はアパレル業界に入り、様々な種類の洋服を見ていますが、その度に「自分のオリジナルの商品を出したい」との気持ちが溢れ出てくると言っていました。
小さい頃から具体的な目標があり、突き進んでいる彼女を見ていると、私まで勇気付けられます。どうか夢を夢で終わらせることなく、実現してほしいものです。

 

そして、また納得させられたのが、あの気合いの入った働きぶり。「夢」があるからこその行動だったのでしょう。
私には夢という夢がありませんので、彼女のように何か一つ、大事な目標を見つけることから始めたいと思います。こんなこと考えさせる友人が身近にいることは幸せなのかもしれません。

 

結婚願望
大きな夢を追い続けている彼女ですが、ちょっとだけ結婚願望もあるらしい。自分のブランドを作りたいと意気込んでいるなかで、プライベートな部分も少しは考えているようです。
紹介したとおり、彼女は生粋の人懐っこさを持っているので、気になる相手と仲良くなることはそう難しいことではないでしょう。
ただ、仕事に多くの時間を使っていることから、出会いの面については疑問符が上がってしまいます。
結婚するにはまず相手と出会わなければなりません。相手が見つからなければ、それこそ夢で終わってしまいます。現状だと、彼女はお店でしか出会いがない気がしています。
休日も私といることが多かったり、同姓と遊んでいたりと、少し心配です。私が出会いの場を作ってあげられると良いのですが、そういったことはできるはずもなく。仕事の手伝いはできないので、他の面でどうにかサポートできないかと考える毎日です。

 

ですが、とりあえずは自分のブランドの立ち上げに専念してもらい、結婚はそれからでもいいのではないでしょうか。
結婚をすると、別の大変が加わってしまいます。なので、今は仕事に集中するように応援していこうかなと思います。
もし、彼女が自分のブランドを立ち上げることになれば、すごく嬉しいです。そうなるように今から応援しています。

ムダ毛の処理に重きを置いているエステサロンでは、フラッシュ脱毛と呼ばれる施術がおこなわれるのが一般的です。

 

それに対して、クリニックや病院などといった医療機関では、医療用レーザーを使った脱毛の施術がなされるようです。

 

それら2種類の施術方式には、それぞれ一長一短がありますので、一概にどちらが良いと言い切ることは難しいと考えられます。

 

まず、サロンの光脱毛で使用するマシンは、レーザー脱毛の機器よりもパワーの面で劣るため、1回の施術に於いて得る事の出来る効果は低くなることが予想されます。

 

ただし、医療用レーザーよりもフラッシュライトの方が威力が弱い分だけ、お肌に与える負担が軽く、痛みを感じるリスクも低くなるというアドバンテージがあります。

 

私の場合、幸いにも夫や子どもが協力的で、短期間の内に、多くの効果を得ることを期待しておらず、脱毛の施術を受けた経験が浅いため、痛みに関する不安や疑問、不明点が少なからず存在するという事情があります。

 

また、エステの施術は、医療機関のそれよりもリーズナブルな料金が設定されているケースが多いため、回数が増えたとしても、それほど家計を圧迫する心配はしなくても済みそうです。

 

それらの事柄を考慮に入れて、私は、クリニックなどではなく、エステサロンを利用することにしました。

 

そのような判断をした後も、多種多様に、数多く存在するサロンの中から、自分に合ったところを見つけ出すのには苦労しました。

ひと言でエステと言っても、その利用目的や期待される効果、施術者の有する専門的知識、技術、実務経験、サロンに於ける設備、備品の充実度、店舗の数、立地条件、周辺環境などには多様なバリエーションがあります。

 

したがって、エステの施術を受ける際には、エステティシャンやサロンの特性を充分に理解した上で、利用者一人ひとりの適性、ニーズ、希望条件と照合し、最適と思われる選択をすることが大切になります。

 

私の場合には、ムダ毛を処理したいという希望が強かったため、脱毛に力を入れており、そのジャンルで多くの実績を上げているサロンに重点を置いて探し始めました。

 

エステを利用する前までは、カミソリやクリーム、毛抜き、シェーバーなどといったアイテムを使って、自分で処理しておりました。

 

しかしながら、そうしたセルフケアをするためには、それなりの手間暇や費用がかかるばかりか、素人のおこなうレベルの低いお手入れによって、肌トラブルが生じる可能性が低くはないという問題があります。

 

例えば、それらの自己処理をした後に、お肌が傷ついたり、腫れや赤みが生じたりすることも少なくありませんでした。

 

そして、それらのセルフケアでは、一時的な問題を解消することが出来たとしても、ムダ毛事態を無くすのは難しいという問題があります。

 

それに対し、エステサロンでは、毛周期に合わせた効果的なケアをほどこす事により、ムダ毛を徐々に少なくすることが出来ます。

病院やクリニックなどの医療機関における美容外科で働く看護師、准看護師と、サロンのエステティシャンの違いが分からなかったり、混同していたりする人も存在するようです。

 

そうしたスタッフは、美容効果を得るための施術をおこなうという意味では、共通していると考えて良いでしょう。

 

ただし、看護師は国家資格、准看護師は都道府県知事の認定するライセンスになるのに対して、エステティシャンの資格を認定する公的機関は存在しません。

 

エステティシャンになるためには、勤務するサロンに於いて、一定の研修を受けることが必要になるケースが少なくありません。

 

それでも、公的機関が運営する、難易度の高い試験にパスすることを考えれば、ハードルはかなり低いと言って良いでしょう。

 

その辺りの事情から、施術レベルが低く、接客態度の悪いエステティシャンもいないとは限りませんので、注意する必要があります。

 

仕事や家庭を持っている私にとって、大切な時間や金銭を使ってエステを利用するのですから、そうした悪質な業者に引っ掛かる事の無いよう、充分に気を付けたいと思います。

 

その種のリスクを減らすためには、エステを利用した人の体験談などを注意深くチェックしたり、信頼の置ける知人や専門家、識者などから助言やアドバイスを得たりして、間違いの無い判断をすることが大切です。

 

私の場合は、同じ職場で働くOLの友だちから、通っていたエステをすすめられ、利用し始めました。

エステティックとは、西洋に於いては「美学」「美意識」といった意味を表す言葉で、美白や痩身、脱毛など、全身の美容効果を得るための施術のことを意味します。

 

また、美容と心身の健康には、密接なかかわり合いがあることから、健康状態の維持、増進やリラクゼーションといった効果を得ることも視野に入れているエステサロンは少なからず見受けられます。

 

オフィスレディや女房、嫁、母親といった多くの顔を持つ私にとって、職場の同僚や顧客、夫、両親、子どもなどに対して、いつも美しい姿を見てもらいたいという思いは強いです。

 

また、同居している家族なども、私にはいつまでも綺麗でいてほしいと思っていて、エステに通う事も賛成してくれています。

 

エステサロンで施術を受けるためには、それなりにコストや時間、エネルギーがかかりますから、そうした家族の同意や協力を得ることも重要なファクターになると思われます。

 

私の場合、仕事帰りにサロンへ立ち寄って、帰りが遅くなる時には、夫や子どもが食事の準備などをしてくれることが多いです。

 

エステを利用せず、美容や健康づくり、癒しなどの効果を得るための器具を使うなどして、セルフケアをすれば、それらの手間暇や費用を節約することが出来るという考え方もあります。

 

ただし、そのような方法を実践して、成功させるためには、強い意思や自己管理能力に加えて、専門性の高い知識、技術、豊富な経験などが必要になることでしょう。

最近では、女性だけではなく、男性の中にも、美白やスキンケア、ダイエット、脱毛などに気を配る人が少なからず登場してきているそうです。

 

そのような状況の中で、美容や健康づくり、リラクゼーションなどの効果を求めて、エステティックサロンを利用する人が数多く見受けられます。

 

特に、ストレス社会、飽食の時代などと言われることの多い現代社会に生きる私たちにとって、日常生活の中で精神的ストレスが溜まったり、飲み過ぎ、食べ過ぎによって肥満やメタボリックシンドロームなどの症状を呈したりするリスクは低くありません。

 

それらのリスクを軽減するために、エステの施術は有効に機能する事でしょう。

 

かく言う私も、夫と共働きで取り組んでいる仕事や親の介護、家事、子育てなどに追われる多忙な毎日の中で、気分的に落ち込んだり、体調を崩したりすることが少なくないという現状があります。

 

そうした問題を解消するために、ウォーキング、ジョギングなどといったスポーツを始めてみたこともありますが、どれも長続きせず、挫折してしまったという苦い経験を持っております。

 

それらの運動は、多少なりともエネルギーを必要とする他、変わりばえのしない孤独な単純作業を繰り返すことが多く、疲れた身体でおこなうのが難しかったり、飽きてしまったりする可能性が低くありません。

 

それに対して、エステサロンでは、ただ寝ているだけで、スタッフが施術してくれる他、癒しの効果にも配慮されています。